4月
20
2016

健康的に血糖値を下げる方法

皆さまの中で普段から血糖値のことを気にしている方はどのくらいいますでしょうか?また10代や20代の頃は新陳代謝が活発なので良いですが、30代や40代に入るとだんだん食べた物が体に溜まって来ますのでちゃんと血糖値も管理していかないと気がついたら糖尿病予備軍になってしまうこともありえます。

ですのでどの様にしたら血糖値を抑えることができるかどの言うことについてお伝えしたいと思います。

血糖値を下げる食材

血糖値を下げる食材の代表的な物をいくつかお伝えいたします。

先ずはキャベツです。

キャベツを食べる時には生よりも少しだけ茹でた方が良いですので軽く茹でた後でポン酢や塩、コショウで味付けをします、またキャベツは食物繊維が多く、早く満腹感を味わうことが出来ますので血糖値を下げるには良い食材となります。

また血糖値を下げる食材として有名なのが玉ねぎです。

玉ねぎには血をサラサラにしてくれる成分が含まれているためスライスをした玉ねぎをお酢やポン酢で和えて食べると体に良いでしょう。

あとは果物にも血糖値を下げてくれる効果がありますので、食後のフルーツも欠かさない様に食べると良いでしょう。

血糖値を下げる運動

さて次に血糖値の下げ方についてのお話をさせていただきます。

ちなみに皆さまは1日のうちでいつ、血糖値が上昇するかご存知ありますでしょうか?それは食後になります。

こらはどうしてかと言いますと、血糖値と言うのは血液中のブドウ糖の量によって左右します。

もう少しミクロなお話を致しますと食事の時に摂取を、した炭水化物が分解されてブドウ糖になり、それが血液中に入るので血中のブドウ糖の濃度が上昇すると言う仕組みになっています。

ですので食後の血糖値は食前よりも高いということなのです。

ですので血糖値を下げる運動をするには食後が一番ベストだと言う訳なのです。

では運動であればダンスでも縄跳びでも何でも良いのかと言いますと、そうではなくウオーキングがベストな運動になります。

どうしてウオーキングが良いかと言いますと他の激しい運動に比べると体への負担が少なくて済み長期的に継続し易い運動となるからです。

また血中のブドウ糖をエネルギーに変えてくれることができるのもウオーキングの魅力の1つです。

また運動をするタイミングとしましては食後直ぐではまだ胃の中にある内容物が消化しきれていませんので個人差はありますが30分~1時間程度胃を休めてから行うのが良いでしょう。

Comments are closed.