6月
05
2016

男のおしゃれは足元から!靴下見せが新鮮な2016年夏のメンズコーディネート

お洒落な人たちがファッションで一番気を遣うのはどこだと思いますか?ジャケットやシャツに気を遣うのは一昔前の話。

実は足元が全体の雰囲気を左右するのです。

2016年は靴下を見せるコーディネートが男性に提唱されているのだとか。

靴下は長さや色、形もさまざまな物がありますが、TPOに合わせてコーディネート出来る便利なアイテム。

この夏注目の靴下見せコーディネートを提案します。

着る洋服を選ばない定番靴下から斬新な印象の靴下へ

まずは定番の靴下ですが、これは流行に関係なく何年でも使いまわしが出来るタイプ。

紺・黒・白が合わせやすい色ですが、フォーマルとカジュアルどちらでも対応可能な便利アイテムです。

夏は麻の素材にすると見た目も涼し気で、気分よく履いていられます。

ストライプやアーガイルなどの柄物で遊び心を演出しても良いでしょう。

メンズファッションは長めの靴下を履くコーディネートが多いようですが、くるぶしより短いショートソックスはきちんとしたスタイルよりスニーカーやサンダルに合わせやすいので、最初は白の靴下をコーディネートしてみましょう。

今年は白の厚手の靴下にラインが入ったタイプも注目されていますが、靴と合わせる時の色に注意する事が大切です。

数年前からショートパンツをはく男性も増えていますが、全体をモノトーンでコーディネートするとスッキリとした印象になるようです。

白に黒のラインの物だと色を統一する事が出来るので、カジュアルでも大人っぽく見せる事が出来ます。

定番色に飽きたら赤や青などの原色を取り入れると良いでしょう。

洋服を赤や青にするとカジュアルな印象しかありませんが、スーツやモノトーン、アースカラーを着る時に靴下だけを赤や青にするとアクセントカラーになるので、かえって新鮮に見えます。

お洒落上級者は原色に柄をプラスした靴下にトライしてみましょう。

夏は靴を爽やかに履きこなそう

夏は靴下と一緒に爽やかな足元を演出する事が肝心です。

ハーフパンツやパンツの裾をロールアップする着こなしが主流になった分足元も注目されるので、靴も洋服に合った物をチョイスすると全体の印象が良いものになります。

カジュアルの代表といえばスニーカーですが、ローカットにするとハイカットよりも応用がききますし、暑苦しく見えません。

サンダルに靴下を合わせた夏服コーデは今年注目されていますが、黒のサンダルだと白と黒の靴下を始めどんな色の靴下にも合います。

サンダル自体がカジュアルなので洋服もカジュアルを合わせる方が良いですが、Tシャツやチノパンを自分のサイズに合わせて作った質の良いものにすると、印象が変わります。

靴下にスリッポンを合わせるとカジュアルすぎずに履く事が出来ます。

黒の靴に黒の靴下だと全体に引き締まった感じを与えます。

仕事で履く靴は黒や茶色が多くなりますが、つやがないタイプや紐靴だとカジュアルにも合いますし、色々な靴下とのコーディネートにも活躍します。

Comments are closed.